宮城で人気の観光スポットをご案内。

宮城県の観光案内サイト
宮城県は東北地方に属する県のひとつです。宮城県の特徴として、西を奥羽山脈、東に太平洋と山と海に面しているため、山と海の幸に恵まれた土地で、広大な平野部では稲作中心の農業、海岸沿いでは、日本でも屈指の水揚げ量を誇る漁港がいくつかあります。
最近では、宮城県というと仙台牛の「牛タン定食」としてグルメで知られるようにもなりました。また、宮城県出身の有名な武将として伊達政宗の出身地ということで、武将ファンの中では、伊達政宗ゆかりの地を巡る観光ツアーなども人気があるようです。
宮城の観光は、一年を通して楽しむことができる場所が多く、夏は海、冬は山と見どころも違ってきます。東北といえば、寒くて雪が多いというイメージがあります。確かに宮城県以外の東北地方に属する県では、豪雪地域も珍しくありません。いっぽうで宮城県は他の東北地方の県とくらべて、降雪量が少なく、冬でも過ごしやすいという特徴があります。しかし、やはり東北地方に属する県ですから、少なく無い量の雪は毎年降りますので、冬に宮城県の観光を考えている方は、しっかりと防寒対策を取ってから訪れるようにしましょう。
グルメから美しい景観まで、全てを楽しむことができる宮城の観光スポットをこれからご紹介しようと思います。
宮城県のグルメな旅
宮城県のグルメを楽しむ旅で外すことが出来ないのが、「仙台牛タン」です。
牛タンというと、多くの人は焼き肉などで薄くスライスされている牛タンを想像すると思います。しかし、仙台の牛タンは薄くスライスされたものではなく、牛タンの厚切りされたもので、食べごたえが普通の牛タンとはまったく違います。
最近は、宮城県以外でも牛タンステーキなど一般でも食べられるようになってきましたが、やはり本場の仙台牛の牛タンを食べてみなくては、グルメの旅とは言えません。
仙台市の中には、牛タンを使ったメニューを出すお店が複数あるので、自分好みの味付けや肉のカットの大きさなどを探してみるのもいいでしょう。
宮城県沿岸部に行くと、今度は海の幸を使ったグルメが沢山あります。珍しいグルメといえば、「ホヤ」と呼ばれる物で、東北地方ではよく知られている海の幸なのですが、他の地方の方は知らない人も多いのではないでしょうか。
「ホヤ」とは脊索動物と呼ばれる種類の海に生息する生物で、大きさは拳大のものが一般的で、表面はゴムのように硬い弾力があります。ホヤはよく「海のパイナップル」と呼ばれて紹介されていることがありますが、見た目のことを言っているわけではなく、水揚げされた新鮮なホヤはフルーティーな匂いがすることから、そのように呼ばれることがあるそうです。
ホヤは刺し身としていただくことが多いのですが、他にも蒸し料理、炒め料理などで使われることがあり、ホヤの違った食べ方を楽しむのもいいかもしれません。
宮城県のファンタジーや動物を観光
宮城県の色麻町では、カッパ伝説があります。みなさんもご存知のあの「カッパ」です。日本では各地でカッパ伝説があり、宮城県の色麻町にもこのカッパ伝説があります。しかし、色麻町のカッパ伝説は少し他の伝説とは違います。
色麻町のカッパ伝説の概要を少し説明すると、『あるところのお姫様に一目惚れしたカッパがいて、そのカッパを気味悪がったお姫様が若侍に退治を頼むと、若侍に腕を切られたカッパはその腕を河童膏という軟膏を使って治す』といったものです。そして、カッパの腕を切った若侍は腕をカッパに返す代わりに、河童膏を受け取り、その後はどんな怪我でもその軟膏のおかげでキズを治して武勲を立てたといいます。
こうした伝説は他の地方にもありますが、観光地でどんな伝説があるのか調べてみると、もっと観光を楽しむことができるのではないでしょうか。
また、宮城県には蔵王山(ざおうさん)という山があり、そこには「蔵王きつね村」という様々なキツネが飼育されている動物園があります。ネットなどで人気になり、日本国内だけでなく、海外からの来園者も訪れる宮城の人気の観光スポットになっています。